CSRに関する基本方針

株式会社システムD3のCSR(企業の社会的責任)基本方針

透明性のある経営

IT業界の企業としての責任を認織し、公正かつ透明で健全な企業活動を行います。

またすべてのステークホルダーに対して公正かつ誠実に行動します。

サービス品質

優れた技術力と品質により、常に最適なシステムをお客様に提供し、顧客様満足の向上に努めます。

法令遵守

高い企業モラルを堅持し、法令・社会規範およびその精神を遵守します。

また、反社会的な勢力とは一切、関わりをもちません。

公正取引

公正な競争のもとに、適正な取引を行います。

お客様に対しては、常に謙虚な姿勢で対応します。

競争会社に対しては、不正な手段を用いず、いかなる場合も公正な競争関係を保ちます。

社会貢献

ステークホルダーとのつながりを尊重し、社会的責任を果たすために、積極的に社会貢献活動を行うなど、企業市民にふさわしい取り組みを行います。

環境

地球温暖化防止のため、企業活動における省資源・省エネルギー化を推進するとともに、サービス提供を通して、お客様の経営の効率化・省エネルギー化を支援し、環境負荷の低減に貢献します。

情報セキュリティ

会社の秘密情報をしかるべき手続きを経ないで社外に開示することや、会社業務を遂行する目的以外で使用することはいたしません。

特に自社情報やお客様情報、個人情報等を取り扱う際には、適切な管理を行います。

人権・労働

自らが人権侵害行為をしないことはもちろん、他人の人権侵害行為に対しても、同調したり見過ごしたりせず、毅然とした態度で是正します。

また、差別を見抜き、差別をしない、させないためにも、人権問題を正しく理解し、人権尊重の精神と人権感覚を養うようにします。

安全衛生

IT業界の企業における最も高いと考えられる安全衛生リスクである「社員等のメンタルヘルス不調」の低減化に細心の注意を払い、ヒューマンエラーの防止、及び人権の尊重等の社会性や法令・ルール遵守の職場風土を確立します。

また、単に社員等の健康の保持増進のみならず、モチベーションの高揚とワークライフバランスの推進活動等により、従業員満足度の継続的向上に努めます。

このページのトップへ