採用情報

社員の声

入社の経緯を教えてください。

高校を卒業後、すぐにIT会社へ就職しました。
それから現在まで、ずっと技術屋としてSEの仕事に携わってきました。

古内社長と知り合ったのは、私が個人事業主として仕事を始めた頃。

その後も何社か経験をしたのですが、現役で技術職として活躍されている古内社長と共に働いていきたいと思い、2014年にシステムD3へ入社しました。

仕事の難しさは何ですか?

担当する範囲が広いところが大変ですね。

例えば、サーバはメーカーごとに作りが違いますし、OSもストレージも異なります。
それぞれのスペックや処理能力などを考慮して構築していかなければならないため、担当する業務の幅が自然と広がっていきます。

幅広い分野に携われるところが魅力的である一方、常にその広い海に溺れています(笑)

仕事において大切にされていることは何ですか?

残業しないことですね。

残業をするということは、プロジェクトとして考えれば人件費が嵩んでしまいますし、働き手として考えればモチベーションも下がってしまいます。

そういう意味でも、無理に残業をすることは効率的ではありません。もちろん、緊急時に対応することは必要ですが、なるべく残業をせず、仕事とプライベートを上手く両立させ、業務の質を向上できるよう心がけています。

会社の魅力を教えてください。

大手企業と中小企業にはそれぞれ魅力があると思いますが、当社の場合は社長との距離が近く、柔軟にキャリアアップができるところだと思います。

規模の大きな会社ですと資格の取得が義務付けられていたり、管理職へキャリアアップするにも複数の段階を踏まなければならない場合もあります。一方、当社のように小さな規模であれば自分の業務に適した資格や自分が学びたい分野を極めていけますし、社長との距離が近いので日々の業務姿勢やスキルをリアルタイムに評価していただくことができます。そういったところは当社ならではの魅力だと思います。

社長の魅力を教えてください。

古内社長は現在も現場に出て、直接プロジェクトに関わっています。
この業界での経験も長く、刺激を受けたり、学ぶこともたくさんあります。

また、長年SEとして活躍されているため、SEの悩みであったり気持ちをしっかりと理解してくださるので、非常に働きやすく感じています。

今後の目標を教えてください。

個人の業務の質を上げていくことはもちろんですが、社内環境の改善にも取り組んでいきたいと考えています。

Slerの仕事はお客様先に常駐することがほとんどです。そのため、どの会社も自社の社員同士の関係性や繋がりがどうしても希薄になってしまいがちです。

当社も例外ではなく、なかなか社員同士のコミュニケーションが取れていない現状です。
今後は社員同士の繋がりを強化していきたいと考えており、その一歩として私が幹事となり、親睦会を開く予定となっています。

まだまだ小さな会社なので、このように自分が自発的に取り組んでいけば、意見は通りやすい環境だと思います。共に会社を作っていけるところも当社の魅力のひとつだと思います。

このページのトップへ