採用情報

社員の声

入社の経緯を教えてください。

前職でもソフトウェア開発会社にて、SEとして働いていました。

その頃はC言語やVisual C++などのソフトウェア開発をメインで担当しており、その後、会社の意向によってSEへ移行となりました。

お客様の要件を聞き、ネットワークを開発するなど幅広い業務に携わっていましたが、2007年に退職。

古内社長とは前職で一緒に働いていたということもあり、2009年にシステムD3に入社しまた。

仕事のやりがいは何ですか?

もともと私は、現場に出て自分でモノを作ることが好きなのですが、今の職場では自分でシステムを作り、お客様に納品し、エンドユーザーがそのサービスを利用する。その一連の動きを自分の目で見ることができるので、そういった点にやりがいを感じています。

これまでは管理側がメインでしたが、今後はよりエンドユーザーに近いフロントポジションに携わることになっており、新しいことにも積極的に挑戦できる職場環境もひとつのやりがいになっていると思います。

仕事の難しさは何ですか?

品質・予算・納期をしっかりと守ることです。

より長い時間をかけて取り組めば、高品質なものを提供できるのは当然ですが、お客様には期限・予算があります。品質を保ちつつ、いかに予算を抑え、良いモノを作れるかは日頃のスケジュールにかかっています。

また、プロジェクトごとに注力するべきポイントや課題もそれぞれ異なるので、お客様や他のメンバーとコミュニケーションを取りながら、そのプロジェクトの真意を理解することが大切です。

プロジェクト全体の進行状況を把握し、的確な判断の下、業務に優先順位をつけながら効率よく進めていくのは難しいですね。

会社の魅力を教えてください。

やはり社長の人となりですね。
特に社長との距離が近く、情報共有や相談もしやすいので、学ぶことがたくさんあります。

インフラにせよアプリにせよ、実際に動かしたときにどのような結果がでるのか理論値を測ります。そのようなところはこれまでの経験値が出るところなので、社長のように幅広い経験を持った方と近くで仕事ができるのは、自分にとっても良い刺激となっています。

今後の目標を教えてください。

直近の目標で言えば、お客様の目に触れる(一般に公開される)モノづくりに携わっていきたいと考えています。

また将来的には業界としてもトレンドの高いAWSの技術を学び、幅広いプロジェクトに参加していきたいと思います。

私はもともとアプリ系出身なので、アプリとシステム両方の経験や感覚を活かし、色々なことにチャレンジしていくことが目標ですね。

どんな人と一緒に働きたいですか?

素養として持っていて欲しいのは「やる気」です。

激しくアピールする必要はありませんが、ちょっとした言動でその人のやる気って伝わると思うんですね。やる気があれば教え方も伝え方も変わってくるので、どんどん良いサイクルが生まれる。

新しい環境に緊張することもあるかと思いますが、色々なことをしっかりと聞き、相手の要望や意図を考えながら対応していけば、一緒に仕事をしている人たちも上手くプロジェクトを回しやすくなると思います。

このページのトップへ